院長コラム

小児の矯正治療について

こんにちは。箕面市の箕面駅前にある尾川歯科医院の尾川です。
お子さまの歯並びでお悩みの親御さんもたくさんいらっしゃいますよね。
矯正治療の必要があるのか、どのタイミングで矯正治療をはじめるのが良いのか、
悩んだら早めに歯医者さんで相談することをおすすめします。
なぜかというと、早ければ早いほど矯正治療の選択肢を増やすことができるからです。

小児矯正のメリットは?

歯が生え揃う前から矯正治療をして意味があるの?と思うかもしれませんね。
しかし、小児矯正には、多くのメリットがあります。

1.歯を抜かずに矯正治療できる可能性が高くなる

小児の矯正治療では、成長中の顎の骨を拡げることができるため歯を並べるためのスペースを作り出すことができます。
大人になってからの矯正治療では、顎の骨を拡げることが難しいため歯を抜くことも少なくありません。
大切な歯を1本でも多く残したい、とみなさん考えられると思いますので、これは大きなメリットといえるでしょう。

2.将来のむし歯・歯周病のリスクを下げる

ガタガタした歯並びだと、重なった歯の隙間などはブラッシングしにくいですよね。
整った歯並びは、ブラッシングのしやすさにも繋がりますので、将来むし歯になったり歯周病になったりするリスクを下げるといえます。

3.口呼吸を防止できる

みなさんはきちんと鼻で呼吸できていますか?
口呼吸は、むし歯や歯周病、口臭の原因になったり、ウイルスに感染しやすくなったりします。小児矯正をすることで舌の位置を鼻呼吸しやすい位置に変化させやすくなります。
歯並びが悪いと、見た目が気になるだけではなく、さまざまな健康へのリスクがある、ということです。

小児矯正のデメリットは?

では、デメリットもあるのでしょうか。

1.お子さまに協力してもらう必要がある

お子さまが協力的でなければ、効果がでにくくなってしまいます。
すぐに外してしまったり、装着を嫌がったりする場合は難しいでしょう。
きちんと話し合い、理解をしてもらうことが大切です。

2.装置によっては、むし歯のリスクが高くなる

小児の矯正装置には、取り外しの出来ないものもあります。
その場合、装置の周りは清掃が複雑になり、汚れが残りやすくなりますのでむし歯や歯肉炎に注意が必要です。
せっかく歯並びを整えても、むし歯や歯肉炎になるのでは勿体無いですから、そういった装置の場合には、ケアの方もしっかり頑張っていただく必要があります。

3.治療期間が長くなる場合がある

小児矯正は1本1本の歯をきれいに並べることが目的ではなく、歯を並べる顎の骨をスムーズに成長させることが目的ですので小児矯正が終了した後に、気になる部分が残ることがあります。そこから成人矯正を行うと、必然的に治療期間は長くなります。

小児矯正はどんな治療をするの?

小児矯正に使用する装置はいくつか種類があります。
当院の小児矯正ではプレオルソをメインで使用しております。
プレオルソとはマウスピース型の矯正装置で、歯を直接動かす矯正とは違い、口周りの筋肉バランスを整えていく矯正方法です。

プレオルソのメリットは?

プレオルソのメリットはさまざまあります。
特徴とともに、簡単にご紹介しましょう。

1.取り外しできるマウスピース型で負担が少ない

取り外し式のマウスピース矯正は、固定式の装置と違い、違和感や痛みがでにくいのが特徴です。
また、固定式のものではどうしても清掃しにくくなりますが、マウスピースは歯磨きもしやすいので、むし歯のリスクも下げることができます。

2.装着時間は寝ている間+1時間でOK!

プレオルソは、就寝時と家にいる間の1時間装着するだけで効果が得られます。
ですから、学校に行く時は装着する必要もありませんし、日常生活への影響はかなり少ないといえます。

3.治療後の後戻りが少ない

プレオルソを使用する矯正治療では、悪習癖を取り除いたり、口周りの筋肉をきちんと機能させるトレーニングを行うことで、口周りの筋肉のバランスを整えます。
歯を直接動かす矯正治療とは違い、歯を動かすだけではなく口周りの環境を整えますので、治療終了後も後戻りしにくくなります。

最後に…

プレオルソは、歯並びだけでなく、口呼吸やポカンと口を開けてしまう癖やいびきなども改善されます。
これらの症状は、口周りの筋肉のバランスが悪いことが原因のケースが多いからです。

小児の矯正治療は、デメリットよりもメリットの方が多いと私たちは考えています。
歯並びのお悩みは人それぞれあると思いますが、まずはお気軽にご相談ください。

一覧に戻る