DIFFERENCE

小児矯正と本格矯正

小児矯正と本格矯正

子供の矯正治療は、矯正治療を開始する時期によって、小児矯正と本格矯正の2段階にわけて考えます。

乳歯から永久歯へ生えかわりはじめ、あごが大きく成長する時期に行う1段階目の治療が小児矯正であり、その後生えそろった永久歯の歯ならびやかみ合わせをきれいに整える2段階目の治療が本格矯正です。
TIMING

矯正治療の開始時期

矯正治療を開始する時期は、お子さまの歯並びの状態、あごの成長度合い、年齢、性別等によって様々です。

小児矯正から開始するほうが、本格矯正から開始するよりもメリットが多いのか、それとも小児矯正は行わず、本格矯正を行う時期まで成長を見まもるべきなのかケースによって異なりますので、6歳臼歯が生えてきた頃にまずは一度ご相談下さい。

お子さまのお口の中の状態を確認した上で、最適な開始時期をご提案いたします。
矯正治療の開始時期
MERIT

小児矯正から始める矯正治療のメリット

①あごの成長をコントロールできる
あごの成長をコントロールできる

受け口や出っ歯といわれる歯並びは歯だけではなく土台となるあごの骨に原因がある場合が多くあります。

体の成長期に矯正治療を行うことで良くない方向へ成長しようとしているあごの骨の成長を正しい方向へ導くことが可能であり、これは本格矯正では行えません。
②永久歯の抜歯の可能性が減る
永久歯の抜歯の可能性が減る
あごがせまく、永久歯が並びきらないような場合、小児矯正であごを広げて永久歯の並ぶスペースを確保することで、永久歯の抜歯の可能性を減らすことができます。
③将来的な外科手術の必要性が減る
将来的な外科手術の必要性が減る
本格矯正で受け口を改善したい場合には、あごの外科手術が必要になる場合がありますが、小児矯正で受け口を改善しておくことで、将来その可能性が少なくなります。
①治療期間が長くなる場合がある
小児矯正はあごの成長がピークを終える中高生まで経過を観察する必要がある場合があります。小児矯正を行い、その後本格矯正を行う場合、本格矯正から矯正治療を始める場合よりも期間が長くなります。
②再治療が必要な場合がある
「予想以上にあごが成長した」もしくはその逆の場合など、お子さんの成長発育が治療計画時の予想と異なる場合、再治療や成人後に外科矯正が必要となることがあります。
DEVICE

子供の矯正装置

FEE

子供の矯正費用

低年齢から矯正を始めると、費用が高くなるのでは?という心配をされる方もいらっしゃいますが当院では何歳からはじめても矯正完了までのトータル費用は子供の矯正のみ行う場合で最大440,000円、子供の矯正と大人の矯正両方行う場合で最大880,000円です。

治療費一覧

  • ①矯正相談
    無料
  • ②精密検査 診断料
    33,000円
  • ③矯正治療費2つ以上の異なる装置を使用しても最大で407,000円
    プレオルソ 77,000円 拡大装置 297,000円 インビザラインファースト 407,000円
  • ④調整費
    無料
  • ⑤保定装置費
    無料
※虫歯、クリーニング、抜歯等の治療費は別途かかります。 ※プレオルソを行ったあとに、インビザライン・ファーストを行う場合など、子供の矯正治療期間中に装置が変更になる場合は追加で装置費の差額をいただきます。
例1

子供の矯正を行った後に将来大人の矯正も行う場合の費用

子供の矯正(小児矯正)を行ったのちに大人の矯正(本格矯正)を行う場合は、そのさいに追加費用をいただきますが、大人の矯正の費用全額をお支払いいただくのではなく、大人の矯正治療費と今までにお支払いいただいた子供の矯正治療費の差額をいただきます。
例2
子供の矯正からはじめて、継続して大人の矯正を行った場合でも治療費の総額は最大で880,000円です。