お口は「健康」の入り口です。

虫歯や歯周病、噛み合わせの不調などのお口のトラブルが全身の様々な病気や、
肩こりなどに影響を及ぼしていることをご存知ですか?
「お口の病気はお口の中だけのもの」と考えず、
しっかり治療してお口から全身の健康を見直しましょう。

ABOUT
当院の一般歯科について

虫歯があるとわかっていても、過去に治療を受けたときの辛かった経験からなかなか歯医者に行けない方も少なくありません。
当院では治療の痛みや怖さを最小限にするために、いろいろな工夫を行っており、歯医者が苦手で通えなかった方もたくさん通院していただいております。ぜひ、一度ご相談ください。

一般歯科メニュー MENU

虫歯治療

当院では虫歯の大きさに応じて、最適な治療法をご提案いたします。また、痛みの少ない治療、できるだけ削らない治療を心がけております。

虫歯の大きさによる治療内容

  • 1 小さい虫歯

    小さい虫歯は、その虫歯が削らなくてもそれ以上進行しないように予防することが可能であるかどうかをまず考えます。
    食生活の見直しや、ブラッシングの「改善、定期的なフッ素の取り入れなどの方法で虫歯の進行を防ぐことも可能です。

  • 2 大きい虫歯

    歯がとけてしまって、穴があいた虫歯は、それ以上の進行を食い止めるために削りとる必要があります。この場合はできる限り痛くないように虫歯を取り切り、取った後の穴に、プラスチックや金属などの人工物をつめる治療を行います。

  • 3 かなり大きい虫歯

    歯の神経の内部にまで進行してしまった場合は、痛みをとるためや今後ひどい痛みを起さないために、神経をとる治療を行います。神経をとる治療は今後その歯を長持ちさせるために、どうしても治療回数がかかります。

お願い!!

虫歯は大きくなればなるほど、その歯の寿命を縮めてしまい、治療回数や治療費もたくさんかかってしまいます。痛みがなくても、早期に虫歯を発見、治療するために定期的にメンテナンスに通院してください。

歯周病治療

「歯周病」という言葉は知っているけれど、内容はわからない方はたくさんいらっしゃいます。当院では歯周病に関して知っていただくことが、歯周病治療のファーストステップだと考えており、時間をかけてしっかり説明させていただいております。ここではその一部を簡単に説明します。

歯周病とはこんな病気です
磨き残しが原因で起こり、最終的に歯がぐらつき抜けてしまう
日本人の成人の8割の方がかかっていて、歯を失う原因の中で一番多い
年齢とともに進行が早くなりやすい
痛くなったときにはかなり進行してしまっていることが多い
全身の様々な病気を引き起こす可能性がある

歯周病治療の進み方

  • 歯周病の検査をして、現状を把握します。

    レントゲン撮影

    歯を支える骨の状態や歯ぐきの奥の歯石のチェックをします。

    写真撮影

    治療前の歯ぐきの状態や歯石の付着状況を撮影し記録します。

    ポケット検査

    専用の器具を使い、歯ぐきの溝(ポケット) の深さを測ります。

  • 歯ぐきと歯の境目の歯石を取ります。また、ブラッシング方法の確認をします。

    ブラッシングでは取れない、歯と歯ぐきの境目についた歯石を取り除きます。

    新たな歯石がたまらないように、正しいブ ラッシングの方法をアドバイスします。

  • 2の治療によりどれくらい歯周病が改善されたか再びポケットの検査をします。

  • 歯茎の奥深くに歯石がついている場合は、取り除きます。

    歯茎の奥の見えない部分の歯石を取って いくため場合により麻酔をして行います

  • 治療終了 メンテナンスへ

    歯周病治療が終了したら再び進行しないようにコントロールしていく必要があります。
    歯科医院で定期的に歯石を取り、毎日のブラッシングを丁寧に行っていただきます。
    (症状や歯周病の進行具合により、4の後に外科手術を行う場合もあります。)