マタニティ歯科について
妊娠中はいつも以上にお口のケアを
妊娠すると、つわりがはじまったりホルモンバランスにも変化が生まれたりします。
実は、それによってお口の中の環境も変わりやすいということをご存知ですか?
妊娠による身体の変化がお口に与える影響には、次のものが挙げられます。
マタニティ歯科
つわりがきついと、歯みがきがなかなかできなくなってしまいます。また食事も一度にたくさん摂れなくなり、少しずつだらだら食べ続ける状態になって、お口のケアがしにくくなります。
妊娠すると、女性ホルモンの分泌が多くなります。女性ホルモンには歯周病菌の増殖を促進させてしまう性質があり、歯周病になりやすくなります。
妊娠中には、だ液の分泌量が低下します。だ液による自浄作用が期待できなくなり、むし歯や歯周病になりやすくなります。
免疫力・抵抗力が低下することで、お口の中は、細菌が増殖しやすい環境になってしまいます。
妊婦中の歯科治療のタイミング
妊婦中でも治療できます
そんなことはありません。以下のような適切な時期を選べば、むしろ治療は受けたほうがいいといえます。
お母様自身はもちろん、生まれてくる赤ちゃんのためにも、お口の健康状態は万全に整えておきましょう。
切迫流産の危険性がある時期。
治療は控えてゆったりと過ごし、
つわりがおさまるのを待ちましょう。
安定期に入り、つわりもおさまる時期。治療を受けるならこの時期が適しています。自覚がなくても、一度検診を受けるようにしましょう。
お腹が大きくなって、診療台に横たわるのも辛くなります。いつ陣痛が起こるかもわからない時期なので、治療は避け、出産後に落ち着いてから受けたほうがいいでしょう。
妊娠中の注意
妊娠性歯周炎
妊娠中には、歯周病にとくに注意が必要です。
「妊娠性歯周炎」と呼ばれる妊娠期の歯周病は、
低体重児出産や早産のリスクを高めてしまうというデータが出ています。

歯周病菌が血管に入り込むと子宮の筋肉に影響し、陣痛に似た収縮を起こします。
それによって、身体はもう出産の時期になったと勘違いして、早産を招いてしまうのです。

「妊娠性歯周炎」による低体重児出産・早産のリスクは、
高齢出産やアルコール摂取などといった条件よりも大幅に高い数値が示されています。
生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、
妊娠中の歯周病には早めの適切な治療が必要となるのです。
妊娠性歯周炎
妊娠性歯周炎
マタニティ歯科Q&A
そろそろ子供が欲しいと考えています。口の中のことで注意をすることはありますか?
妊娠前にムシ歯の治療や親知らずを抜くなど出来ることは早めにおこないましょう。
歯の治療の中には期間がかかるものもあります。
また、妊娠期の体調変化やお母さんの体と生まれてくる赤ちゃんへの影響、精神的な負担を考えると、
妊娠時や出産後の授乳・育児の期間に歯科治療を受けなくてすむように
事前に健診や治療を受けるようにしましよう。
ムシ歯が多いのですが赤ちゃんもムシ歯になりますか?
ムシ歯になりやすい歯の性質、唾液の性質など、遺伝的なものも確かにあります。
またムシ歯菌の量によっても影響されていることは知られています。
ムシ歯菌はお母さんから赤ちゃんに伝播すると言われていますから、
お母さんのムシ歯も早く治療して、できるだけ感染しないようにしましょう。
妊娠期の歯の治療は可能でしょうか?
安定期に入り、つわりも収まる5縲鰀8ヶ月が適しています。
歯科を受診する前に、かかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。
歯科治療時の麻酔の影響はありますか?
歯科治療で使用される局所麻酔は、おもに2%リドカイン製剤(オーラ注R)です。
妊娠中にこの局所麻酔を投与してもお腹の赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。
疼痛によるストレスを考えると、安定期(16週~)であれば局所麻酔は使用した方がよいでしょう。
妊娠中に抜歯をしても大丈夫ですか?
安定期(16週~)であれば処置は可能です。
治療時には局所麻酔を使用し、抜歯後は痛み止めや化膿止めを処方しますが、
お腹の赤ちゃんへの影響が少ない薬を使用します。※詳しくはお尋ねください。
逆に治療をしないことで、感染や慢性的な疼痛が出る方が妊娠に与える影響は大きいと考えられます。
歯の痛みがひどいのですが、痛み止めや化膿止めを飲むことに心配があります。大丈夫でしょうか?
基本的には妊娠中は薬を内服しない方向で考えます。
ですが、薬を使用しないことでお母さんの体に悪い影響があると考えられる場合には、
お腹の赤ちゃんへの影響が少ない痛み止めや化膿止めの薬を
必要最小限処方することがあります。
マタニティ歯科の治療のタイミングをしっかり相談