~ 小児歯科 ~

お子様の歯をムシ歯から守ってあげましょう。

子どもの歯のこと…

子供の歯磨き

子どもの歯は大人のはよりムシ歯にかかりやすい

子どもの歯は大人の歯より、ムシ歯にかかりやすい上に、一度なると進行しやすいのです。
子どもの歯は大人の歯よりやわらかく、ムシ歯菌の出す酸に侵食されやすくなっています。
また、お子様自身ではお口のケアがうまくできないことも原因の一つ。

子供が安心して歯医者に通う

定期的に予防歯科を受診しましょう

一生涯歯を健康に保つのに最も良いのは
「定期的に予防歯科を受診する」ということが研究データからも分かっています。
そのために最も重要なのは、「こどもを歯医者嫌いにしないこと」です。

子どもの歯をムシ歯にさせないためのポイント

子供が安心して歯医者に通う

1.歯が生えてきたら通院をはじめましょう

一生涯歯を健康に保つのに最も良いのは
「定期的に予防歯科を受診する」ということが研究データからも分かっています。
そのために最も重要なのは、「こどもを歯医者嫌いにしないこと」です。

2.時間を決めておやつをあげましょう!

だらだら食べは、お口の環境を悪化させてしまいます。
時間をきちんと決めてあげるようにしましょう。

おやつ

3.おやつの選び方に注意!

お口の中に糖分が残りやすいアメ、ガム、キャラメル、チョコレート、グミなどは、
ムシ歯になりやすい環境をつくってしまいます。
キシリトール入りのものやシュガーレスのものなどを上手に活用するようにしましょう。

おやつの後のうがい

4.おやつの後には口をゆすごう!

おやつを食べたら必ず歯みがきをしましょう。
それが難しければ、口をゆすぐだけでも違います。
小さな頃から習慣づけてあげましょう。

実際の治療では

子供の歯医者嫌い

「泣いても無理に治療する」ということはありません

ほとんどのお子さまは、少なからず歯科医院を「怖い」と感じています。
そんな気持ちをやわらげ、出来るだけリラックスして治療を受けてもらい、
歯科治療に対する苦手意識を植え付けないことも大切だと思いますので、
当院では基本的に、泣いているお子さまを無理やり治療するということはありません。

歯医者さんに慣れてもらうところからスタートします

だんだんと上手に治療を受けてくれるようになります。
緊急な応急処置が必要な場合以外であれば、最初の日は「歯医者さんに来てくれるだけ」でもいいと思います。
最初の日は「お話しするだけ」、次の来院時には「治療用の椅子に座ってみるだけ」といったペースで大丈夫です。
「お口の中を見せてくれるだけ」「歯ブラシで歯みがきをさせてくれるくらい」と順を追って練習することで、
だんだんと慣れてもらえるように対応します。

歯磨き指導

No.1歯みがき指導

歯みがきは、「みがいている」と「みがけている」とではまったく違います。
一人ひとりのお子様のお口の状態に合った歯ブラシを用いて、
適切な方法で行うことが大切なのです。
小児歯科では、親御さんへの仕上げみがきのコツもお教えしています。

フッ素塗布

No.2フッ素塗布

歯にフッ素を取り込ませる処置です。
やわらかいお子様の歯質を強くし、ムシ歯を予防します。
6ヶ月に1回はフッ素塗布に連れてきてあげてください。

シーラント

No.3シーラント

複雑な溝を持ち、ムシ歯になりやすい奥歯。
この溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋め、
ムシ歯を予防するのがシーラントです。
乳歯にも生えたばかりの永久歯にも効果的です。