~ インプラント ~

歯が抜けてしまった時に

インプラントについて

インプラントのイメージ

インプラントって何??

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨に
フィクスチャー(ネジ)を埋め込んで、
そのネジを土台にしてアバットメントと人工の歯を装着する治療法です。

入れ歯との違い

①自分の歯と変わらない感覚で噛む事ができ、異物感がない

インプラントは入れ歯のような異物感がまったくありません。
取り外す必要も一切なく、自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然な噛み心地です。

インプラントのイメージ
入れ歯のイメージ
インプラント
骨にしっかり固定、痛みも無くしっかり噛める。
入れ歯
歯茎が圧迫され、痛みが出やすい。噛む力にも限界がある

②健康な歯に負担をかけない!周りの歯にやさしい!

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。
そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにブラークがたまりやすいなどの欠点があります。
その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。

入れ歯の危険性

部分入れ歯の2つの危険性

  1. 入れ歯を固定するバネが健康な歯に負担をかけます。
  2. バネにクラークがたまりやすく、
    健康な周りの歯が虫歯になる原因に

ブリッジとの違い

①健康な歯を削らなくて良い

ブリッジは、歯を失った際に、健康な歯を土台にして橋渡しして補う方法。その際、土台となる歯を削る必要が…。
インプラントは骨に人工歯根を埋め込むため土台となる歯は一切不要。
周囲の歯を削ることはありません。

インプラントのイメージ
ブリッジのイメージ
インプラント
土台となる歯が不要
ブリッジ
土台となる周りの健康な歯を削り、ブリッジを装着

②周りの歯に負担がかからない。とっても長持ち!

ブリッジは土台となる歯に大きな負担がかかります。場合によっては折れてしまうことも。
さらに、ブリッジの土台の周辺にはブラークがたまりやすく、むし歯や歯周病の原因に。
そのため、過半数のブリッジが10年以内に壊れてしまうといわれています。
その点、土台のいらないインプラントなら、周りに負担をかけないので、その心配も最小限。
耐久性においてもインプラントはすぐれた性質をもっています。

入れ歯の危険性

ブリッジの2つの危険性

  1. 土台となる歯に負担がかかり、折れる事も
  2. バネにクラークがたまりやすく、
    健康な周りの歯が虫歯になる原因に

インプラント手順

一次手術 治癒期間 二次手術 人工歯作製・装着
ドリルで穴を開け、顎の骨にインプラントを埋め込みます。インプラントと骨が結合するまで3~6ヶ月待ちます。 歯茎を開けて、骨との結合を確認したあと、土台をインプラント本体に取り付けます。 治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。インプラントに取り付け完了です。

治療期間と来院回数

一般的に埋入したインプラントが骨と結合するまでに、下アゴで3ヶ月、上アゴで6ヶ月程度かかります。
通院回数は手術方法によって異なりますが平均10〜12回程度、期間は5ヶ月以上は必要になってきます。

インプラント注意事項

①インプラントには手術が必要です。
②治療にはある程度の期間がかかります。
③お口の状態によっては不可能な場合があります。
④インプラント治療には健康保険が利用できません。
⑤インプラントの治療費は医療費控除の対象になります。

料金について保険適用外

健康保険適用外となります。詳しくはお問い合わせください。

お支払い

健康保険適用外となりますので、一般の治療よりも高額にはなりますが、
クレジットカードや分割払いもご利用いただけます。